納品されたデータDVDってどうされてますか?

2018.01.17 Wednesday

0

     

    昨日アップした bozphoto & styles でのデータバックアップについての記事は、沢山の方から直接のコメントなどをいただきました。データ保存で苦労されているフォトグラファーの方、やはり多いようですね。

     

    記事で jpeg データを米国のサーバーに保存していることを記載していましたが、それはどこのサービスを使用しているかの質問も、けっこういただきました。

    それについては、今回の記事の後半で詳しく書かせていただきます。


     

     

    デジタルデータのバックアップについて

    2018.01.15 Monday

    0

       

      私が写真を本格的に写真を初めたのは、アメリカに留学を初めたばかりの1998年頃。

      一番最初に手に取ったレンズ交換式カメラはK1000 という1988年頃に作られた、古い一眼レフでした。

      もちろんフィルムカメラ。いつもKodak の白黒フィルムを入れてました

       

      それから20年経ちました。

      ヨドバシカメラに行ってもフィルムなんて全然売っていません。時代はデジタルです。

      デジタルになって本当に便利になりました。

      撮った写真はすぐに見れるし、撮り放題だし。

      36枚ごとに撮影がストップするなんて、昔はよく頑張っていましたよね。


       

      井の頭公園での和装ロケーションフォト撮影

      2017.12.19 Tuesday

      0

        blog 1.jpg

         

        井の頭公園と言えばお花見。

        4月になると吉祥寺じゅうが渋谷センター街になったかのように人が集まり、

        辺り一面は上は綺麗な桜、下は花より団子(お酒)な人達で賑やかになる場所ってので有名です。

         

        でも、紅葉が綺麗な場所だったなんて、実はこの日まで認識してませんでした。公園から徒歩3分の場所に事務所を構えていながら。

        だって、紅葉シーズンで撮影といえば都心の庭園だったり、もっと遠く、鎌倉とかの寺院での撮影のご依頼のほうが多かったので。

        でも、灯台下暗しって本当ですね。

         

        12月始めに撮影させて頂いたのは、国際基督教大学(ICU)での学生時代からお付き合いされていたお二人。

        8年前に始めてデートをした井の頭公園に戻り、沢山の思い出が残っている場所で結婚式前に和装と、

        私服でのロケーション撮影を残したいとのご依頼でした。

         

        「そう言えば、井の頭公園って紅葉綺麗だったような」

         

        そんな感じで撮影日の数日前にチャリで公園内を走ってみるとかなりの驚き。

        本当に色鮮やかで、黄色と赤の絨毯がどこまでも広がる世界があちこちにありました。

         

        そしてベストなのは人の少なさ。

        二人だけのためにこの美しい場所を用意してくれているかのようでした。

         

        お二人の結婚式は年明けすぐの1月12日。

        その時にはこの日の写真が沢山会場に飾られているのだろうなあと思うと、私も今から楽しみになりました。

         

         

         

        町田市での七五三撮影

        2017.12.09 Saturday

        0

          blog 1.jpg

           

          2009年に結婚式を撮影させていただいた、町田市にお住まいの山口さんファミリー。

          ご夫婦とは本当に長いお付き合い。

           

          実はmakky と私が付き合うキッカケを作ってくれた方で、

          私の誕生日(12月8日)がお二人が9年前にお付き合いを始めた日、そしてお二人の結婚式は うちのスタッフ、acco の誕生日でもあります。

          なんだか縁が多いお二人。

           

          結婚式後も家族写真を毎年撮影させていただいたり、一緒にむっちゃ美味しい焼肉屋に行ったりとしてましたが、

          今年は始めての七五三を迎えました。

          自宅マンションを買った時は二人暮らしで、広い家だなあと思っていましたが、いつの間にか家族は5人に。

           

          ご自宅での七五三のお支度は、わんぱくな男の子二人と、ちょっとマイペースな妹ちゃんに揉まれながらの、

          賑やかな時間となりました。

           

           

           

           

          東京タワーが見える会場 - マグナス東京での結婚式

          2017.11.09 Thursday

          0

            001.JPG

             

            Photo & text by Tsutomu 

             

            二人が出会ったのは同僚4人で出かけた東京タワー。

            その後数ヶ月後に新郎さんからのプロポーズ。

            結婚式をするのなら、東京タワーがみえる結婚式場で探していました。

             

            訪れたのは銀座にあるハウスウェディングの会場であるマグナス東京。

            外は慌ただしい繁華街なのに、会場は三フロア貸切でゆっくりと時間が流れる中での結婚式でした。

             

            会場を銀座で選んだのにはもう一つ理由が。

            新婦のお祖母様は昔から大の歌舞伎好き。いつも通っている歌舞伎座は式場から徒歩一〇分。

            最近は足が悪くなって行く機会が減ったそうなので、

            この記念日にオバアちゃまへのプレゼントも兼ねて、披露宴後は家族みんなでタクシーキャラバン。

            歌舞伎座を背景での家族記念写真も撮りました♪

             

             

             

             

            赤坂日枝神社での七五三撮影

            2017.10.23 Monday

            0

              014.jpg

               

              スポーツの秋、スイーツの秋、そして我々にとっては結婚式や七五三の秋でもある10月。忙しい時期がスタートしました♪

              先週は一週間雨続きで撮影延期が続出。

              ちょっと泣きそうになりましたが、挫けずに多数の little angels ちゃんたちを毎日のように撮影しています。

               

              こちらは rain week が始まる前に赤坂日枝神社で七五三をされたご家族。

              ちょっと人見知りで、頻繁に会う親戚でも男性だと泣いちゃう事もあるとお母様が心配されていましたが、

              ご自宅にお支度で訪れて、お母様の準備中にお話をしていたら、なぜだかとっても仲良くしてくれました♪

              絵本を沢山読ませてくれたり、大切なアンパンマンと仲間たちを紹介してくれてありがとう(^^)

               

              そういえば、メイクシーンで化粧水を付けてひんやりとしたした表情を捉えた写真をインスタにアップしたら、

              他の写真では 30イイねくらいしかつかないのに、その写真だけ800以上のいいねをいただきました。

              インスタの爆発力に驚くのでした。

               

               

               

              9月のホテルニューオータニでの結婚式

              2017.10.21 Saturday

              0

                001.JPG

                 

                こんにちは。

                秋雨が街をしっとりとさせ、郷愁にかられ、ノスタルジックな気持ちなりますね。

                山の木々も色を濃くさせているのでしょうね。

                こんな日は矢野顕子さんの『中央線』を聞きたくなります。

                部屋の明かりを消して、窓を開けて、夜風を感じながら、雨粒が降り注ぐのを頬に感じながら。

                 

                てるてる坊主、あした天気にしておくれ。

                てるてる坊主は、中国の掃晴娘という箒で雨雲を払ってくれる人形が由来のようです。

                日本ではお坊さんが天気の回復を願う役目だったこともあり、

                伝来された後、てるてる坊主という愛称となったらしいです。

                 

                秋雨も降り始めた9月下旬の結婚式です。

                可愛いてるてる坊主のカップルがお支度部屋の鏡にありました。

                寄り添うように飾られた、てるてる坊主の願いが通じ、

                気持ちのよい秋晴れの結婚式になりました。

                 

                初めてドレス姿を見た後の新郎さんのぎゅっと閉じた目に

                新婦さんへの愛おしさを感じました。

                 

                by acco

                 

                 

                 

                 

                シンガポールから来たご家族のファミリーフォト

                2017.10.19 Thursday

                0

                  001.jpg

                   

                  シンガポールやマレーシア、香港やインドネシアの方々からの撮影依頼を多く頂くbozphoto & styles

                  日本人がイタリアとハワイに旅行に行ってプロカメラマンを雇うってこと、中々無いと思いますが、

                  上記の国の方々は写真がとっても大好き。

                  結婚式の前撮り以外でも、家族旅行の同行撮影、女友達3人での着物を来ての記念写真、

                  女の子ソロでの浅草ポートレイト、結婚10周年で子供は親に預けての旅行写真、などなど、

                  色々なパターンでの撮影のご依頼を頂くので、とても面白いです。

                   

                  今回ご依頼を頂いたのはシンガポールからのご家族。

                  シンガポールを拠点にしている日本人フォトグラファーがご夫婦の結婚式を担当されて、その彼女にご紹介を頂いての撮影となりました。

                  Maiko さん、ありがとうございます(^^)

                   

                  ママはちょうどこの時妊娠7ヶ月ちょっと。

                  メインはもうすぐ3歳の息子ちゃんも交えての家族写真でしたが、夫婦だけでの写真も沢山ご希望されてました。

                  とはいっても、ママがパパとイチャツイているとジェラスしちゃう息子ちゃん。

                  うまーいこと砂利とかで遊んでいるスキに二人だけでのマタニティーフォトを撮ったりと、タイミングが中々大変でした(笑)

                   

                  息子ちゃん、弟君が生まれたらお兄ちゃんらしさが出てくるかな〜? 楽しみです。

                   

                   

                   

                  続きを読む >>