夏はチャージの季節

2018.08.21 Tuesday

0

    800-3.jpg

     

    初夏の暑さを感じさせてくれる6月、初めてお会いする方に職業はウェディング・フォトグラファーと名乗ると、多くの方が「これから忙しくなり、大変ですね」と仰っしゃります。

    ジューンブライドの事ですね。アメリカでは6月が一番お天気が落ち着いていて、真夏の暑さもまだなく、

    一時間以上夕焼けが続く綺麗な時期でもあるので、結婚式にはベストなシーズンなのです。

     

    しかし、日本では6月から結婚式の件数はガターっと少なくなります。

    梅雨入りしてガーデニングウェディングはもちろん出来ませんし、梅雨が明けたら今度は今年の7月のような猛暑。

    クーラーがガンガンかかったホテルだったままだいいかもしれませんが、

    ご親族だって会場にたどり着くまでに汗だくになってしまいます。

     

     

     

    井の頭公園で一歳の誕生日記念撮影

    2018.08.04 Saturday

    0

      blog 1.jpg

       

      青空に入道雲が映える7月のはじめ、井の頭公園で懐かしのご家族と再会しました。

      最初にお会いしたのは2014年。ヶ谷戸庭園でロケーションフォトを撮影させていただきました。

      去年は新しい家族も誕生して、爽やかな秋晴れの日に深大寺へお宮参りお宮参りも撮影させて頂きました

      リピーターさんの撮影は、まるで同窓会のようで、お会いする前からどんな変化が合ったのか、お話するのも楽しみです。

       

      東京グタグタ観光ツアー的同窓会

      2018.07.22 Sunday

      0

        Fd-001.JPG

         

        シリコンバレーの新聞社のフォトグラファー Dai Sugano が東京に訪れる際に行われる毎年恒例のピンポンパンファミリー同窓会、今年も無事に終了しました。

         

        私のフォトグラファーとしての原点は、アメリカのシアトルにあります。

        ウェブサイトの about us ページでも紹介していますが、

        19歳の時に訪れた、スターバックスを始めコーヒーの街として有名なシアトルへ語学留学へ行ったところから、

        私の9年間に渡るアメリカ生活、そして写真と関わる人生がスタートします。

         

        シアトルといえばイチローが活躍していたマリナーズをはじめ、Amazon の本社もあり、

        最近では家賃も高くて、全米でもシリコンバレーについて人気エリアになりつつあります。

        でも私が留学してい 1996年頃はまだ、のんびりした小さな都会って感じでした。

         

         

        昭和記念公園でのロケーションフォト撮影

        2018.07.20 Friday

        0

          blog 1.jpg

           

          4月の中旬、数カ月後に結婚式を控えたお二人の前撮りとして、昭和記念公園を訪れました。

           

          昭和記念公園といえば11月ごろには黄金色に色づいた銀杏並木のトンネルが有名ですね。

          立川口の入り口を入ってすぐにこの光景を見ると圧倒されるとともに、テンションが上ります。

           

          秋だけではなく、季節ごとに違う表情を見せてくれる公園なのです。

          春には桜や菜の花、夏はひまわり、秋は銀杏並木やコスモス、冬はサザンカや梅の花。

          今回訪れたときにはネモフィラや菜の花、チューリップが彩りを添えてくれていました。

           

          Sony の機材を使い始めて一年が経ちました

          2018.07.18 Wednesday

          0

             

            bozphoto & styles のブログ記事でずっとアクセス数が No.1 なのが、実はカメラ機材に関しての記事。

            特に去年の7月にアップした、Sony システムに乗り換えた事を紹介した記事はかなり多方面から読まれています。

             

            カメラネタなんて同業者(カメラマン)くらいしか興味無いだろうなと思っていたら、ところがどっこい。

            Sony にお勤めの新郎新婦さんや、Sony が大好きな新郎新婦さんからもお問い合わせを頂き、

            「ソニーシステムで撮影してくれるカメラマンを探していました!」と伝えられました。

             

            「あなたの写真が好き!」、ではなく、「あなたのカメラが好き!」という形で撮影のご依頼を頂くというのも、

            なかなか面白いケースですよね。

             

            最近も、アメリカの通信社からお電話を頂きました。

            海外のフリーランス・フォトグラファーの多くは、昔ながらの Nikon や Canon から sony に鞍替えしている人が多いのですが、

            「プロフォトグラファーに何故最近、sony が選ばれるのか?」という特集を組むことになっていて、

            ネットリサーチをしていた際に私の記事を見つけていただいたそうでした。

             

            いやあ、sony 様様です♪

             

            yahoo news で新生児フォトについて取り上げて頂きました

            2018.07.16 Monday

            0

               

               

               

              少し前のお話になってしまいますが、日経新聞系列のウェブマガジンの一つ、

              nikkei style さんに bozphoto & styles が手がける新生児フォト撮影について取り上げて頂きました。

              最初の数日はジワジワと読んで頂いている方が増えてきたのですが、

              なんと yahoo news がこの記事を転載して頂き、なんとトップ部分で紹介されたところからPVが大爆発。

              急に友人達や、5年以上会っていない人達からも「yahoo news に記事が載っているのを見たよ」との連絡が来ました。

               

              東京観光的なファミリーフォト

              2018.07.16 Monday

              0

                Fb-001.JPG

                 

                東京オリンピックがあと数年で開催されることになり、日本への観光客が年々増えてきているこの頃。

                明治神宫や皇居に行くと、英語を始め、中国語やタイ語、ロシア語やスペイン語など、世界各国の言葉が飛び交うインターナショナルな場所になっています。

                 

                bozphoto & style でも最近は結婚式の前撮りだけでなく、家族旅行で日本へ訪れている方々などからの、記念撮影のご依頼を頂くことが多くなりました。

                今回撮影を担当させて頂いたのは、ロサンゼルス郊外から来られた4人兄弟。

                半年に一度は世界中を旅する長女さん(写真一番右)が初めて兄弟4人での旅行として選んだ土地が日本でした。

                せっかく記念すべき家族旅行。

                東京各地で、CDジャケットみたいな写真を残そうって話になったそうです。

                 

                撮影場所は数週間かけて、whatsApp で長いやり取りをしてご相談しました。

                一番外せなかったのは皇居。

                それは決まっていたのですが、もう数箇所、どこにしようかってのでけっこう、まよわれていました。

                そして最初に訪れる場所として、ギリギリで決まったのが、4人が滞在していた Air B&Bの近くにあった箱崎ジャンクション。

                 

                そう、ドライバー泣かせの難所として有名なジャンクションです。

                私なんか一度、どこに行けば分からなくて3週くらいした覚えが...

                そんな場所ですが、下から見るとけっこうかっこいいらしい。

                そんな噂が、海外の方にも広まっているらしく、まずは東京らしい?!ここで撮影スタートとなりました。

                 

                 

                 

                 

                梅雨の休憩中に 椿山荘での結婚式

                2018.07.04 Wednesday

                0

                   

                  季節ごとに新鮮な表情を見せてくれる椿山荘。

                  6月はじめに訪れると、ちょうど紫陽花が満開を迎えていました。

                  紫陽花の美しさが引き立つのは、やっぱりしっとりとした梅雨の雨模様。

                  しかし、結婚式を行う新郎新婦さんにとっては、ハラハラする季節でもあります。

                  でもこの日だけは梅雨も少し休憩してくれたみたいで、

                  昨日の甘露を残しながら、太陽が顔を出してくれました。

                   

                  結婚式を迎えた新郎新婦さんは中学校の同級生。

                  やんちゃしたり、おませな態度をとったり、

                  ツンデレしたり、甘酸っぱい思春期を過ごした仲でした。

                   

                  大人になって再会し、当時は気づかなかった相手の魅力に惹かれ合い、

                  のちにこうして結婚式を迎えることになりました

                   

                  白無垢でのファーストミート前、花嫁さんからのサプライズの手紙。

                  さっきまで緊張していた表情が緩みました。

                   

                  何が書いてあったのかはわからないですが、

                  いままで二人が共有してきたこと、実は打ち明けられていなかった大好きなところなど

                  彼女の素直で純粋な気持ちが込められていたんでしょうね。

                   

                  この手紙はきっと、彼にとって生涯の宝物になるんでしょうね♪

                   

                   

                  続きを読む >>