ミラノで出会った二人 - 椿山荘での結婚式

2018.05.16 Wednesday

0

    blog 1.jpg

     

    椿山荘への結婚式へ出かける朝って、ハラハラすることが多い bozphoto & styles です。

    なぜかって、けっこうな確率で前日の夜から大雨って事が多いんです。

     

    この日も金曜日の天気予報ではお昼すぎまで雨模様。

    新郎新婦さんも、てるてる坊主をいくら作っても祈りが届かない事もあるんだなと、半分あきらめかけていたそうです。

     

    ホテルに到着した7時過ぎはまだ雨模様。

    ホテル館内のどこで集合写真を撮ろうかなあと考えていたら、突然空から太陽が顔をあらわしてくれました。

    まさかの大逆転。

    でも、朝が雨の椿山荘で、一日雨だったから外での撮影を諦めなければ行けなかったってこと、実は今までありませんでした。

    今回で10連勝くらいかな?(笑)

     

     

    さて、そんな二人が出会ったのは、新婦さんが長年過ごされたイタリア、ミラノ。

    英語とイタリア語を流暢に使いこなす新婦さんに一目惚れした新郎さんだったそうです。

     

    結婚式はお隣のカテドラル教会で行われたため、私は撮影すること出来ませんでしたが、

    しっかりと二人の結婚式の様子、参列者として見送らせていただきました(^^)

     

    結婚式の写真 文字を操るエキスパート - 椿山荘での結婚式

    2018.05.12 Saturday

    0

      blog 1.jpg

       

      こんにちは。
      茶摘みのうたの一節、「夏も近づく八十八夜」もすぎましたね。

      ふと口にする歌の一節をよくよく考えてみると、こんな意味があったのか!
      と発見することが多いです。

      茶摘みの歌も立春から数えて八十八夜を過ぎると気候も安定して、
      夏に向けて種まきなども始める、縁起の良い日のことを言うそうです。

      普段、さら〜っと流している歌も聴き込んでみると深い意味があることに気づきますね。
      童謡なんかも久しぶりに歌ってみると、ああ、そういう意味だったのかと。

       

      とうふ屋うかい での結婚式

      2018.04.29 Sunday

      0

        blog 1.jpg

         

        bozphoto & styles の Tsutomu と makky が結婚式をしたのが5年前。

        その時に会場として選んだのが、赤坂氷川神社と、こことうふ屋うかいさんでした。

         

        ちょうど一年前、我々と同じ会場で結婚式を予定されている新郎新婦さんから撮影のご依頼をいただきました。

        我々の思い出も沢山つまったこの二会場。

        打ち合わせの時からこの美味しい料理のお話だったり、氷川神社のパワースポット的なお話で盛り上がりました。

         

        長いようで短かった一年。4月始め、ついにこちらのお二人の結婚式当日となりました。

        神社には綺麗なしだれ桜がいくつかあって、ちょうど満開になっているのを狙って選んだこの日。

        残念ながら今年は桜の開花がかなーり早く開花しちゃいましたが、

        新緑が広がっていて、違う形で春を感じさせてくれる雰囲気での撮影スタートとなりました。

         

         

        春が来るちょっと前、三鷹の大学キャンパスでの結婚式

        2018.04.03 Tuesday

        0

          AH001.JPG

           

          こんにちは。

          新年度が始まりましたね。

          身近なところでは、テレビやラジオの改変にソワソワしています。

          個人的に、産休から復帰した、たまむすびパーソナリティーの赤江珠緒さんの安定のおしゃべりにニヤニヤが止まりませんでした。

          今年の春の桜が突然訪れた感がすごいあるという話に大きくうなずいています。

           

          高校を卒業して初めて迎える春の大人に近づいた感っていうのはなんだか特別に感じたのを覚えています。

          友人との花見に、まだまだ飲み慣れないコーヒーを飲んだり、

          ちょっぴりお化粧なんかしてみたみたり、

          お弁当を買ってレジャーシートに座ってお昼を食べたり、

          初初しいソワソワ、ワクワクが事務所近くの井の頭公園では見ることができ、感化されてそわそわしています。

           

          由比ガ浜教会・ラ・マーレ・ド・チャヤ での結婚式

          2018.03.15 Thursday

          0

            AC-001.JPG

             

            こんにちは。

            今年も桜の開花予想が発表され、今週末は靖国神社の標本木に注目される方も多いでしょう。

            桜ウォッチャー並びに開花宣言マニアにはたまらない週末になりそうです。

            そして私はご多分に漏れず、桜の開花宣言を聞くのが好きです。

             

            結婚式では花嫁さんの指先にも華やかです。

            指先も撮影中は注目しています。

            衣裳やテーマカラー、普段から好きなもの、様々な要素が入っているので楽しみの一つです。

             

            ネイリストの花嫁さんの結婚式の紹介です。

            お打ち合わせのときから素敵なネイルをされていたのを覚えています。

            ストーンなどをつけても指輪をつけれるように考慮して選んだ素敵な結婚指輪も印象的でした。

             

            大好きなファミリー、大好きな友人に囲まれ

            笑顔も涙も沢山の結婚式の紹介です。

             

            豚の丸焼き結婚式 in 高崎

            2018.03.06 Tuesday

            0

               

              「豚の丸焼き結婚式をしたいんです」


              お二人がbozphoto&stylesにはじめて打ち合わせに来てくださった春のこと。

               

              アトリエで唐突に話されたこの言葉に
              ハテナ???マークがいっぱい飛んだbozphoto&styles(笑)

              結婚式と豚の丸焼きがどうやっても繋がらない(笑)

              でもお二人にはしっかりとしたビジョンがありました♪

               

              お話を聞いていくうちに、ものすごく楽しそうな前代未聞の手作り結婚式だとわかり!

              ぜひお手伝いをさせてください!
              とbozphoto&stylesとしてはフォトグラファーとヘアメイクで入ることになりました。


               

               

               

               

               

              ホテルニューグランドでの和婚結婚式

              2018.03.05 Monday

              0

                ZZZ-001.JPG.jpg

                 

                こんにちは。

                春近づいてきたとはいえ、まだまだ寒い日が続くこの頃。

                スーパーの店先に焼き芋の香りがすると引き寄せられてしまいます。

                特にドン・キホーテの焼き芋は安くて美味しいですね。

                お一人二個までという制限も頷けます。


                焼き芋の香りも好きですが、金木犀の香りも好きです。
                金木犀の香りが柔らかい空気を運んできた季節の10月初旬、横浜の老舗ホテル、ニューグランドでの結婚式の紹介です。

                大階段は流石の重厚感で、ウェディングドレスも白無垢もどちらでも素敵なロケーションでした。

                 

                幾つもの季節を一緒に過ごしてきたお二人、キューピットとなったご友人のスピーチで

                新婦さんがご友人には見せない一面を新郎さんといる時に垣間見れた時、

                とてもニンマリしてしまったということを仰ってました。

                そういう一面を見せあえるのって本当に素敵で、聞いていて胸がキューンってなります。

                カメラの裏でニヤニヤが止まらなくなってしまう瞬間です。

                 

                私がお二人とご一緒するのは二年ぶり、

                二年前はご友人の結婚式に二人で参列されていました。

                ご友人の写真を見て、お問い合わせしてくださいました。
                カメラマン冥利に尽きる嬉しい出会いです。

                 

                 

                アンダーズ東京での結婚式

                2018.03.01 Thursday

                0

                  ZZ1-001.JPG.jpg

                   

                  こんにちは。

                  2月も中旬を過ぎ、女の子のいる家庭ではお雛様が飾られている頃でしょう。

                  ご多分に漏れず、女の子だった私の家でもお雛様を飾り、桃の節句を祝ったものです。

                  姉の七段飾りのお雛様は圧巻でした。

                  特に着物を見るのが大好きで、重ねてある襟元を剥がそうとしては怒られていました。

                   

                  小学生の頃の愛読書は「なんて素敵にジャパネスク」

                  氷室冴子原作、山内直実著。

                  暇さえあれば十二単姿の女の子を自由帳に書いていたものです。

                   

                  二十代になった時は漫画ではなく、ファッション誌に移行し、

                  その時に出会ったのが「KIMONO姫」。

                  アンティーク着物の色合いやコーディネートに妄想を膨らませてばかりいました。

                  その時に見た「衣裳らくや」さんの『浅葱色地飛翔鶴』の引き振袖が忘れられず、

                  自身の結婚式で着られた日には最高に幸せでした♡

                   

                  結婚式では本当に素敵な着物、ドレスを見られることが多いのです。

                  cucuruさんのコーディネートがものすごく素敵でした。

                  筥迫から草履まで、もちろん打掛けの模様にも随所にこだわりが散りばめられていました。

                  衣裳から小物、ヘアメイク、会場装花、ウェルカムスペースに至るまで、

                   

                  センスが光る素敵な結婚式のご紹介です。

                   

                   

                   

                  続きを読む >>