4キロの桜並木の下で ― 長野でのエンゲージメントフォト

2018.06.07 Thursday

0

    CG-001.jpg

     

    毎年3月はじめから訪れる、桜での巡業ロケフォトツアー。

    例年は静岡県河津市の早咲きの桜からスタートしていたのですが、

    今年は撮影エリアがぐっと拡大。長野市郊外にまで行ってきた bozphoto & styles です。

     

    ご依頼を頂いたのはラスベガスにお住まいのお二人。

    憧れの日本旅行はずいぶん前から計画していたそうですが、お互いのお仕事の都合上、休暇を取れたのは4月の後半。

    東京ではとっくに桜は終わっている時期だったので、お花見はほぼ諦めていたそうです。

     

    でも、せっかく二人で訪れる日本だから、エンゲージメントフォト撮影を依頼しようと、日本を拠点にしているフォトグラファーを探しはじめました。

    そして、たまたま私が myWed というウェディングフォトのサイトで投稿した、3月終わからの桜写真を見つけて一目惚れ。

    やっぱり後悔したくないって事で、青森でも良いから出張してくれないか?とお問い合わせをいただきました。

     

    青森県の桜といえば、弘前さくらまつり。

    お堀が桜で埋め尽くされる絶景などもネットで見たことはあったので、一度は行ってみたいとは思いましたが、

    新幹線でも東京から片道6時間。ちょっと遠すぎるなあと思い、もっと近くで、4月後半でも桜が咲いている場所、探してみました。

     

     

    上高地でのエンゲージメントフォト

    2018.06.07 Thursday

    0

      CF-001.JPG.jpg

       

      4月といえば世界各国から日本に人が集まってくる時期。

      この日撮影したのも、日本が大好きな香港からの二人。

      日本が大好きで、年に少なくとも2回、今まで9回に渡って東京をはじめ、札幌、大阪、京都、広島、福岡、鹿児島と日本各地へ旅行してきました。そしてtし

       

      そして、記念すべき10回目、結婚式前のエンゲージメントフォト撮影も兼ねて選んだのは長野県の上高地。

      今まで訪れた都会的な日本から離れて、大自然の中でふたりだけ、というイメージを求めてこの土地を選ばれたとのことでした。

       

      上高地は私にとっても初めて訪れる場所。

      上高地の公式な開山は4月終わり。

      その時期でも時々吹雪に覆われる事もあると、地元松本市のフォトグラファーさんにも警告をされてましたので、

      大丈夫なのかなー?っていうちょっと不安もありました。

       

      葛西臨海公園でのエンゲージメントフォト撮影

      2018.05.27 Sunday

      0

        blog 1.jpg

         

        二ヶ月後にヒルトン舞浜で結婚式を控えている2人。

        結婚式会場が対岸から見える、葛西臨海公園でエンゲージメントフォトのご依頼をいただきました。

         

        駅前の噴水広場で2人とお会いして、持ち込まれた撮影アイテムをチェック。

         

        「これだけです」と見せてくれたのがなんとお馬さんのマスク。

         

        「なんですか、これ?」と聞いてみたら、

         

        「なんとなく、ドンキで見つけて気に入ったので」とのこと。

        二次会の入場でもかぶる予定だそうです。

         

        それ見た瞬間、これからの撮影は楽しい二時間になりそうな予感、感じました♪

        富士山と桜の写真を撮りたくて - 河口湖でのロケーションフォト

        2018.05.17 Thursday

        0

          blog 1.jpg

           

          世界中から観光客が集まってくる桜シーズンの日本。

          bozphoto & styles でも海外からの撮影依頼を多数いただきます。

          4月中旬に撮影をさせて頂いたのはマレーシアからの新郎新婦さん。

           

          お支度の二時間、年齢が私達と同じくらいで、国が違うのに共通の話題が多くて盛り上がりました。

          鯉のぼりと5月の節句について説明をしていたら、

          なんとドラえもんを見ていたから知っているとのこと(笑)

          ドラえもんは日本文化もきちんと伝えてくれているんだなと、なんだか感動しました。

           

          母校でのエンゲージメントフォト撮影

          2018.05.06 Sunday

          0

            001.jpg

             

            二人が初めて出会ったのは、高校一年生で訪れた課外教室の時。

            たまたま一緒の授業を選択していて、遅れて入ってきた彼を見て一目惚れ。

            学校でみかけるたびにドキドキしていて、一年経ってやっと告白できました。

             

            そんなエピソードを聞くだけで、妄想大好きな私としては会う前から心はキュンキュン状態。

            お付き合いを初めて10周年。結婚を決めるとともに、母校での記念写真を撮るってご依頼をいただきました。

             

            懐かしの教室に入り、まずは黒板にお互いを表現する単語を書き出してもらいました。

             

            お互いに一番目に書いたのは「優しい」

            そして彼女が二番最初に書いたのが「顔がタイプ」

            さすが、一目惚れしただけはありますね♪

             

            この日の撮影が、二人の10年間の歴史を思い出してもらって、これからの10年どう過ごしていくか、

            考えるキッカケになってくれればいいな、そんな思いで撮影していました。

             

             

            カナダから来たお二人のエンゲージメントフォト撮影

            2018.04.11 Wednesday

            0

               

               

               

               

              ようやく桜シーズンも終わり、辺りは新緑で覆われてきて、少し前が桜満開だったのが幻のように思えてきます。

               

              ウェディングやファミリーフォト撮影を長年続けていると、桜シーズンほぼ毎日、東京各地で眺めていますので、

              桜にそれほど感動を覚えることは無くなってきました。

              どちらかというと、どうすれば写真に映えるように出来るかとか、この色だったらどうやって人物とマッチングさせようかとか、

              桜を見た瞬間、お仕事的な事が思い浮かぶようになっていて、もう職業病ですね(笑)

               

              でも、桜の素敵なところは、世界各国からその美しさを求めて日本に人が集まってくること。

              そして、場合によっては懐かしい人達との再会の機会も与えてくれること。

               

              新しい出会い、そして沢山の再会。今年の4月もそんな事がいくつもありました。

               

              紅葉での三渓園ロケーションフォト撮影

              2018.03.04 Sunday

              0

                AA-001.JPG

                 

                こんにちは。

                3月に入り、突風と共に暖かな春の陽気が訪れました。

                おにぎりを握って、公園に行き、レジャーシートを広げてのんびり過ごすのが楽しみです。

                 

                新しい生活にドキドキ、ワクワクしている人も多いでしょうね。

                初めて働いたのは都心の歯科医院でした。

                朝の通勤ラッシュも、お昼休憩に窓から忙しく行き交う道路を眺めるのも好きでした。

                 

                ドラマや漫画では社内恋愛を題材としたものをよくみて妄想したものです。

                『干物女』のお家では干物、会社ではビシバシ働く、それを厳しくも優しく見守る上司。

                お家ではジャージを着て、縁側でビールなんて最高ww

                社内恋愛いいなあ〜なんて。もちろん妄想だけですが。

                 

                一年前に結婚式を挙げたお二人の後撮りの紹介です。

                和装への憧れが忘れられず、三渓園でのロケーションフォトです。

                なんと、彼女の夢を叶えるために旦那様からご連絡を頂いたのです。

                キュンキュンしますね。

                お二人の出会いは会社、そう!社内恋愛。

                キュン死しますww

                 

                前撮りではいつもより長めに、近めにをお願いしているのですが、

                お二人の雰囲気に春を感じた日でした。

                 

                 

                井の頭公園での和装ロケーションフォト撮影

                2017.12.19 Tuesday

                0

                  blog 1.jpg

                   

                  井の頭公園と言えばお花見。

                  4月になると吉祥寺じゅうが渋谷センター街になったかのように人が集まり、

                  辺り一面は上は綺麗な桜、下は花より団子(お酒)な人達で賑やかになる場所ってので有名です。

                   

                  でも、紅葉が綺麗な場所だったなんて、実はこの日まで認識してませんでした。公園から徒歩3分の場所に事務所を構えていながら。

                  だって、紅葉シーズンで撮影といえば都心の庭園だったり、もっと遠く、鎌倉とかの寺院での撮影のご依頼のほうが多かったので。

                  でも、灯台下暗しって本当ですね。

                   

                  12月始めに撮影させて頂いたのは、国際基督教大学(ICU)での学生時代からお付き合いされていたお二人。

                  8年前に始めてデートをした井の頭公園に戻り、沢山の思い出が残っている場所で結婚式前に和装と、

                  私服でのロケーション撮影を残したいとのご依頼でした。

                   

                  「そう言えば、井の頭公園って紅葉綺麗だったような」

                   

                  そんな感じで撮影日の数日前にチャリで公園内を走ってみるとかなりの驚き。

                  本当に色鮮やかで、黄色と赤の絨毯がどこまでも広がる世界があちこちにありました。

                   

                  そしてベストなのは人の少なさ。

                  二人だけのためにこの美しい場所を用意してくれているかのようでした。

                   

                  お二人の結婚式は年明けすぐの1月12日。

                  その時にはこの日の写真が沢山会場に飾られているのだろうなあと思うと、私も今から楽しみになりました。

                   

                   

                   

                  続きを読む >>