カリフォルニアのハコネガーデンでの結婚式

2013.10.03 Thursday

0
     0001.jpg
    アメリカから帰国して約2ヶ月。やっと向こうでの結婚式の様子をブログに書くことになりました。
    以前のブログでカリフォルニア州サンノゼ近郊に数週間ほど滞在していることを書きましたが、
    こちらの二人の結婚式を撮影の渡米でした。
    アメリカには何度も結婚式撮影で訪れたことはありますが、
    今回はじめて bozphoto & styles のチーム三人、acco とmakkyの三人で海外に行きました。

    結婚式をされたのは、私が学生時代に働いていた寿司屋さんのバイト仲間。
    私は7年前に日本に帰国しましたが、彼女はそのままアメリカに滞在して、
    シリコンバレーのIT企業でバリバリ働いている優秀な女性です♪
    facebook にもあとちょっとで入ることが出来たとか?!

    以前一緒にバイトしていたのは sushi mania というお店
    マニアって名前がついているだけあって、アメリカらしく不思議な巻きずしが沢山あります。
    もしシリコンバレーに行く機会があれば、是非試してみてください。
    銀座のお寿司が好きな方にはえっと思う食べ物かもしれませんが、偏見を無くせばけっこう美味しいです。
    ちなみに、客の95%はアメリカ人。たまーに日系人の方や、日本人駐在員の方も来られます。

    そうそう、結婚式はシリコンバレーの南西部の山のほうにあるハコネガーデンという日本庭園で行われました。
    最初「ハコネガーデン」と聞いた時、てっきり日本に帰ってきての結婚式に変更したのかと勘違いしてました(笑)
    この場所のどこが「ハコネ」なのかはよくわかりませんが(多分山にある日本庭園だから?)、
    けっこう広い敷地内に池や日本家屋(ぽい)建物や、竹林などがあって、オリエンタルな雰囲気になっている、結婚式でも人気のスポットです。


    0002.jpg

    日本でお二人と打ち合わせをした時に、我々の結婚式で見かけたコケシ人形に目が止まり、
    二人も同じ物を作ることになりました。
    ちゃんと前撮りで来た白無垢と袴の柄を再現してくれてますし、アメリカ人なので目が青いのも芸が細かいです♪
    もしこちらのコケシ人形に興味があるかたは、こちらのブログからお問い合わせしてみてください。

    新婦さんのリングピローはmakkyの手作り。お二人の名前のハンコをマスに押してみました。


    0003.jpg
    結婚式のお支度は新婦さんのご自宅で行いました。
    カリフォルニアらしく、アドビ調(メキシコ風とでもいいますか)の建物で可愛らしい作りでした。

    0004.jpg
    アメリカではこういう風に、ハンガーのワイヤーを新郎や新婦の名前に曲げるのが流行っているようです。
    去年見た時は友人が作ったのかとおもったのですが、こういう風にしてくれる業者さんもいるみたいですね。

    二人の愛犬は結婚式に連れて行ってくれないのを知っているのか、ちょっとさみしそうです(>_<)



    0005.jpg
    新婦のブーケや会場装花などは、新郎の弟とその妻が作ってくれました。
    前日に花屋さんでごっそりと花を買ってきて、朝から頑張って色々なアレンジメントをしてくれてました。


    0006.jpg
    0007.jpg
    ちょうどその頃、結婚式の会場では友人達が会場設営を頑張ってました。
    最近日本でも流行り始めたブライズメイドやアッシャーは、チャペルで一緒に並んでいたり写真を撮ったりするだけじゃなく、
    新郎新婦のお手伝いをするのが本来の役割なんです。
    この時は会場の飾り付けや受け付けなども担当してくれてました。
    まあ、日本の二次会幹事のような役回りでしょうか。


    0008.jpg
    0009.jpg
    0010.jpg
    新郎新婦の二人とも着替えも終わり、いよいよ結婚式の始まりが迫ってきました。



    0011.jpg
    新郎はお母様と一緒に入場です。
    お母様は青いドレスって、かなりオシャレですよね♪



    0012.jpg
    0013.jpg
    0014.jpg
    0015.jpg
    0016.jpg
    0017.jpg
    0018.jpg
    晴れ渡った夕方のガーデンウェディングも終わり、二人での撮影タイムとなりました。
    アメリカの結婚式では挙式前に新婦のドレス姿を見せることは出来ないので、
    披露宴が始まる前に二人でのフォトセッションとなります。
    挙式前に撮影をする日本とは違いますね。

    その分ゲストの皆さんは30−60分くらい待つことになりますが、
    皆さんはそれぞれで盛り上がって話しているので、あまり「早く来ないかなあ〜」って待たされている感じでもないようです。
    ここらへんは、時間におおらかなアメリカならではというのでしょうか。


    0019.jpg
    0020.jpg
    0021.jpg
    0022.jpg
    0023.jpg
    そして二人は披露宴会場に再入場。
    アメリカの夏はやっぱりガーデンパーティー。夕方になると涼しくて、しかも蚊とかハエがあまりいない気候は羨ましいですよね。


    0024.jpg
    0025.jpg
    0026.jpg
    0027.jpg
    アメリカの結婚式のハイライトと言えば新郎新婦が二人で踊るファーストダンス。
    この日のために二人もけっこう練習したそうです(^^)
    二人のダンスが終わると、あとは数時間、夜中くらいまでひたすらダンスパーティーです。
    その間に眠くなったり、次の日が早い人は先に帰っちゃいます。
    最後の締めの挨拶とかはアメリカではないので。
    あ、もちろん花嫁のお手紙みたいな、涙の場面も少ないですね。


    0028.jpg
    0029.jpg
    0030.jpg
    0031.jpg
    0032.jpg
    0033.jpg
    パーティーが終わったのは夜の11時くらい。
    けっこう遅い時間ですが、私がアメリカで撮影してきた中ではけっこう早い方。
    ヨーロッパとか朝2−3時くらいまで踊ってますからね(笑)

    海外での結婚式には毎年1−2回は嬉しい事に行く機会があります。
    来年もどこかで呼ばれたりすることがないかなと、ちょっと今から楽しみだったりします(^^)



       

             ↑↑↑

    結婚式やロケーションフォト、家族写真その他の写真をにご興味のある方、

    もしくは撮影に関してのご質問のある方は、上のリンク先からホームページへアクセスしてみて下さい。

    ここに載せている以外の写真も沢山ご覧いただけます。


    bozphoto & styles のfacebookページもやってます♪

    こちらは一枚づつ、その日のベストショットなど載せてます。






    コメント
    コメントする

    スマホ版