アルバムを制作する際の写真加工に関して

2014.01.31 Friday

0
     前回のブログ記事では bozphoto & styles のアルバムプランについてご紹介させていただきました。
    今回はその続きとして、アルバムに使用する写真をどのように編集・加工しているかをご説明させていただきます。

    結婚式で撮影した写真は、そのままの状態でお客様へお渡しすることはありません。
    撮影したデータはあくまでも綺麗な写真に仕上げるための材料でして、そこから色々な加工を施します。

    結婚式で一番大切にしているのは新郎新婦さんや参列者のいい表情を捉えることですが、
    めまぐるしく画面が変わる会場では、毎回色や明るさをきちんと設定した状態で撮影出来ないこともあります。
    タングステンの光と窓から入ってくる光が交わるとミックス光というあまり綺麗でない色で写真が撮れてしまう事もあります。
    ですので、bozphoto & styles では撮影する時は RAWというモードで撮影することで、
    後から写真を綺麗な状態に戻す編集を行なっています。
    例えばこんな感じで...


    0001.jpg
    0002.jpg
    一番目が撮影したままの写真。
    二枚目が色と明るさ補正を施したものです。
    納品する写真は全てこのような色補正を行なっています。


    003.jpg

    別の例をご紹介しましょう。
    こちらは青山にあるフレンチ・レストランで撮影した結婚式。
    新郎新婦がちょうど綺麗な明るさになる設定で撮影すると、背景のシャンデリアや窓が白飛びしてしまうと思ったので、あえて少し暗めに撮影。

    その後、全体的に明るししつつ、元から明るい部分はそのままに保つように補正作業をしました。



    001.jpg
    002.jpg

    もう一つ別の例を。
    これは赤坂にあるホテルモントレという会場でのお支度シーン。
    背景でカラフルにボケているのは実はヘアカーラーなのです。
    お支度をしている部屋が殺風景だったので、ちょっと鮮やかな写真に出来ないかなと思って見つけたのが、ヘアメイクさんが使用されていたヘアカーラー。
    そして右のほうにあるオレンジは確か、何かのスプレーです。
    既に使用された物をお預かりして良い感じになりそうな所に設置。
    スプレーは光を通すボトルだったので撮ったままでも明るかったのですが、ヘアカーラーはちょっと暗い。
    なので、その部分が浮き出るように補正しました。




    0003.jpg

    都内のとあるホテルの入り口で撮影したこの写真。
    こちらは撮影したままの状態です。

    本当は色温度を調整したほうがよかったのですけど、この後館内に入ることになっていたので、
    設定の変更が面倒ということもあり、ホワイトバランスはあえてオートにしています。



    0004.jpg
    こちらはお客様にデータDVDに入れて納品した写真。
    色温度をもう少し暖かいトーンに変更してました。

    これだけでも写真の印象はかなり良くなったと思います。
    ただ、アルバム使用する際にはもっと写真の加工をします。

    何が気になるかというと、画面の左側の花壇です。
    写真というのは明るい所に視点が流れてしまうのが特長です。
    この場合、花嫁さんよりも外にあった花壇はどうしても明るく写ってしまいます。
    元々この花壇も入れて欲しいとのリクエストもあったので、どうしたかと言うと...



    0005.jpg
    こちらは更に写真に手を加えた物。
    花壇の部分やその周辺を暗くして、花嫁さんを浮き立たせるようにしました。
    写真も少し立体的になったと思います。

    bozphoto & styles では結婚式撮影では約1000くらいを納品しています。
    流石にその写真全てをこの様に部分補正すると、写真を納品するのに3ヶ月以上は頂く可能性もあり、ちょっと無理があります。
    しかし、アルバムに使用する写真約60−100枚の写真に関しては、このような細かい補正まで行なって、
    ベストな状態の写真をプリントで残せるようにこころがけています。



    0006.jpg
    別の写真をご紹介します。
    こちらはアメリカはシリコンバレー南部にある、箱根ガーデンという日本庭園で撮影した結婚式。
    新郎さんのお顔がちょっと暗いのですが、あえてこのような設定で撮影しています。
    というのも、これ以上明るくするとぼかしている手前の緑や花嫁さんのドレスが白飛びしてしまうからです。
    写真って目で見るよりも明るさの表現の幅が狭いので...



    0007.jpg
    ですので、写真の後処理をする時に新郎さんのお顔の部分を明るくしました。
    それと同時にトーンも少し温かみのある感じにしています♪



    0009.jpg
    0008.jpg
    場合によっては写真の白黒への加工もしています。
    この場合、部屋のランプや部屋の外の緑、後ろのテレビなどに目がいってうるさかったので、
    白黒にして情報量を減らすことで、花嫁さんの表情と浮かび上がるベールに注目してくれる写真にしました。



    0010.jpg
    こちらは福井県に出張撮影した時の一枚。
    お二人の思い出のある川辺りで撮影したのですが、外は残念な曇り空。
    でも、写真はもっといい思い出にしちゃおうってことで(笑)、綺麗な夕暮れにしてみました♪




    005.jpg
    004.jpg

    色補正だけでなく、肌の補正などもアルバムに使用する写真には行なっています。
    例えば、結婚式の準備が前日の夜まであって寝不足で当日を迎えた花嫁さんって時々いらっしゃいます。
    メイクでも直せないくらい、目の隈がアップの写真だと分かってしまうことが。
    その他にも、会場のヘアメイクさんのミスで和装のカツラがずれた状態で披露宴を過ごしたため、
    カツラとオデコの間にギャップが目立つ写真がずっと残ってしまった事もありました。
    そんな写真を一生残すなんて残念だと思うので、気になる場合は綺麗に肌も補正させていただきます。

    例として上の写真。
    元々お肌は綺麗な方でしたが、アップにする時はちょっと毛穴などを目立たなくして、より綺麗な写真に仕上げました。




    0013.jpg
    最後はちょっとオマケ。
    以前都内の公園で撮影した桜ロケ。
    10時過ぎに行くと既に人でごった返していました。
    でも、この写真をアルバムに使用する時にはちょっと頑張ってみました。



    0014.jpg
    どんと来い!! 現実は捻じ曲げられます(笑)
    スッキリした公園で二人っきりの新郎新婦さんです。


    0015.jpg
    最終的には、空が無地で気になったので、すこし明るさを調整して雲を浮き上がらせました。


    その他にも、部分補正をした写真をご紹介させていただきます。

    008.jpg



    009.jpg
    010.jpg


    007.jpg
    006.jpg



    いかがでしょうか?
    もしアトリエにお越し頂く機会がありましたら、この辺も詳しくご説明いたしますね。


    ではでは。


       

             ↑↑↑

    結婚式やロケーションフォト、家族写真その他の写真をにご興味のある方、

    もしくは撮影に関してのご質問のある方は、上のリンク先からホームページへアクセスしてみて下さい。

    ここに載せている以外の写真も沢山ご覧いただけます。


    bozphoto & styles のfacebookページもやってます♪

    こちらは一枚づつ、その日のベストショットなど載せてます。







    コメント

    何を使って加工しているのでしょうか?
    Photoshopですか?
    • by fu
    • 2014/09/13 10:19 PM
    fuさん、

    コメントをありがとうございます。
    写真の加工は主に lightroom とphotoshop を使っています。
    可能の場所などによって使い分けていますね。
    コメントする