井の頭公園の桜風景

2014.04.07 Monday

0
     0001.jpg
    辺りはお花見シーズンまっただかな。ブログをご覧頂いている皆様は、美味しいお酒と共に楽しいお花見を既にされましたでしょうか?

    私はというと、このシーズンは毎日のように撮影が入っているため、この4年位はまともにお花見をしておりません。
    でも、新郎新婦さんと共に沢山の桜の綺麗な写真は残しました。
    それらの写真は現在編集中ですので、こちらでご紹介するまでもう少しお待ちくださいね。

    さて、昨日は結婚式が比較的早く終わりましたので、夕日が少し残る井の頭公園を少し歩いてみました。
    その時に15分位日が暮れるまで、お花見を楽しんでいる人々の様子を撮影しました。
    結婚式の仕事が終わったばかりなのにまた写真を撮るんかい?って妻には飽きられそうですが、
    お仕事とはまた違って、こういうストリート写真って違う楽しさがあるんですよね(^^)


    0004.jpg
    0002.jpg
    井の頭公園はつい最近まで「かいぼり」という、池の水を抜く作業をしてました。
    池の底には200台以上の放置自転車が沈んていたというのには驚きでしたが、
    綺麗にお掃除をしたおかげで水質はとても綺麗になった気がします。
    ペンキも塗り替えられたスワンも元気そうです(笑)




    0003.jpg
    0005.jpg
    0006.jpg
    お花見を楽しんでいる人達の様子も少し撮ってました。
    一番最後のは、桜を背景に愛犬を撮影していた夫婦の様子をとらえたもの。
    こんな感じで10分以上色々な角度から試行錯誤しながら写真を撮られてました。
    必死な飼い主と、ちょっと冷めている表情のワンコのギャップが面白かったですが(笑)



    そうそう、井の頭公園を後にして吉祥寺駅近くを歩いていたら、
    とあるカフェで素晴らしい桜写真の写真展に出会いました。
    井の頭線に高架下近くの建物に3階にある隠れ家的なカフェ「ヒトト」で現在行われている、
    斎藤亮一さんというフォトグラファーの「佳き日」という写真展です。

    どこか日本の田舎で、ドーンと大きな満開の桜を歩く後ろ姿のおばあさんが写った写真。
    見た瞬間その写真に引き込まれてしまい、全然喉も乾いていなかったのですが、ついついこのカフェに入ってしまいました。

    斉藤さんという方は実はこの時に初めて知ったのですが、バルカン半島やキューバ、ロシアなどの共産圏の人々の様子を昔から撮影している、
    旅行写真写真ではけっこう有名なプロフォトグラファーなようです。

    彼の過去の旅行写真は白黒が多いのですが、この「佳き日」はカラーで、しかも色鮮やかな日本の素敵な風景と、そこに住んでいる何気ない人々の生活を捉えています。
    気になる方はこのカフェに是非立ち寄ってみてください。14日まで写真展は開催されてますので。

    google さんで調べてみたら、彼の桜写真の作品はこちらでも見つかりました。
    ここでは最後から二番目の、桜の花びらでびっしりとうめつくされたお堀の中を泳ぐ鴨の写真がお気に入りです。
    今週末には東京各地でもこんな景色が見れると思うと、まだまだ桜の光景も楽しみになってきました♪



       

             ↑↑↑

    結婚式やロケーションフォト、家族写真その他の写真をにご興味のある方、

    もしくは撮影に関してのご質問のある方は、上のリンク先からホームページへアクセスしてみて下さい。

    ここに載せている以外の写真も沢山ご覧いただけます。


    bozphoto & styles のfacebookページもやってます♪

    こちらは一枚づつ、その日のベストショットなど載せてます。








    コメント
    コメントする

    スマホ版