東北横断中の二人と会津でエンゲージメントフォト

2018.11.29 Thursday

0

    001.jpg

     

    歴史ファンとしては、大河ドラマの舞台になる舞台には必ず訪れるのが常の私。

    今年のはじめもお正月明けから鹿児島へ弾丸ツアーを組んだ気合の入れよう。

    気分を高めてから「西郷どん」を見始めたら、あまりの少女マンガぶりの台本に心挫けそうになりましたが(笑)

     

    その数年前も上田城には行きましたよ。あの一年は良かったですよね。

    毎週末、「真田丸」を見るのが本当に楽しみでした。

     

    その数年前に放送されていた八重の桜も大好きでした。

    でも、会津って遠い東北ってイメージだったからか、今年の11月はじめてやっと訪れる事が出来ました。

    きっかけを作って頂いたのが シンガポールからのお二人。

    なんとキャンピングカーをレンタルして北海道から二週間かけての東北ドライブ旅行をされていて、

    会津若松を記念写真を残す目的地として選ばれて、bozphoto & styles にフォトグラファーとしてご依頼をいただきました。

     

    遠いと思っていた会津若松ですが、東京から以外と近いものですね。

    東北自動車道を車でかっ飛ばして3時間ちょっとで、こんな美しい街があるなんて知りませんでした。

    ここは北海道?と思わさてくれる大草原と白樺の並木道が広がる場所からスタートして、

    歴史情緒あふれる温泉地と、京都にも負けなパステルカラーの紅葉の山々。

    コンパクトなエリアにギュッと沢山の魅力が満ち溢れている街でした。

     

     

    002.jpg

     

    撮影のスタートは早朝7時から。

    お二人が滞在していた東山温泉をまずはお散歩してみました。

    温泉地ってちょっと時代に取り残されて寂れた場所って多いですが、それが写真的には不思議な魅力を醸し出してくれます。

     

     

    003.jpg004.jpg005.jpg006.jpg007.jpg

     

    次に訪れたのが猪苗代町にあるとある神社。

    ネットで会津の紅葉の名所として調べていて、ピンと来たからお二人に提案してみたら、ビンゴな場所でした。

    実は野口英雄の生家もこの土地にあるとか。

    個人的には行ってみたかったですが、シンガポールの人たちに a Japanese great doctor になんて興味ないでしょうしねえ(笑)

     

    008.jpg009.jpg010.jpg011.jpg012.jpg013.jpg

     

    そしてまるで北海道のようなこの場所。

    たまたま前日にドライブしていて見つけた、ちょっとした穴場スポットです。

     

     

    014.jpg015.jpg016.jpg017.jpg018.jpg019.jpg020.jpg021.jpg

     

    もちろん会津城にも行きました。

    この石垣から綾瀬はるかが銃をぶっ放していたと想像するとちょっと感激?!

    二人に a strong female sniper が明治時代になって京都でキリスト教の大学を建てたって説明したら、

    MAJIDE!! って日本語で驚いてました(笑)

     

     

    022.jpg023.jpg024.jpg025.jpg

     

    二人が二週間の間旅行していたのがこちらのキャンピングカー。

    せっかくこのシチュエーションを撮る場所を見つけたのに、インスタントコーヒーを買ってこなかったの、失敗でした(笑)

     

     

    026.jpg027.jpg028.jpg029.jpg030.jpg

     

    最後はこの日二人が宿泊していた芦ノ牧温泉のお部屋で記念写真。

    パステルカラーの壁が全面に見渡せる角部屋がなんとも美しくて、日没まで3人でずっと眺めていました。

     

     

     

    Photo by Tsutomu

     

     

     

    結婚式やロケーションフォト、家族写真や七五三、その他の写真をにご興味のある方、

    もしくは撮影のご依頼関しては、下のリンク先からホームページへアクセスしてみて下さい。

    ここに載せている以外の写真も沢山ご覧いただけます。

     

    ウェディングフォトのページ >>

     

    ファミリーフォト撮影 >>

     

    ニューボーンベビーフォト撮影 >>

     

     

    コメント
    コメントする

    スマホ版