シンガポールでの結婚式 その3 ティーセレモニー

2008.07.01 Tuesday

0
    シンガポールでの結婚式のエピソード その3です。

    ←その2に戻るにはこちら


    前回のエピソードでも書きましたが、厳粛さのある日本の結婚式とは違い、華僑の人達は賑やかな事が多いです。でも、結婚式の儀式は至ってシンプル。





    さて、新郎エリックの家族に結婚の挨拶をしに行きました。
    始めに挨拶するのはおばあちゃん。中国では目上の人が一番偉いのです。次に挨拶をするのはご両親です。おばあちゃんは突然の訪問客に驚いていた様子。







    教会や神社で結婚を誓う日本の結婚式と違い、中国式ではティーセレモニーという儀式を行います。親族が年功序列に椅子二人ずつ、代わりがわりに新郎新婦の前に座り、家族との結びつきとしてお茶お交わします。お茶をもらった親族は、お返しとして「紅包(アンパオ)」というご祝儀袋か、金のアクセサリーを渡します。日本の神前式のように物静かに厳粛にというわけではなく、冗談が飛び交ったりと以外と賑やかな儀式です。




    その間にブライズメイド達は一日のスケジュールを確認します。
    介添えもプラナーもいなかった今回の結婚式。
    全ては友人達の計画性にかかっています(笑)






    新郎の家で一息つくと、新婦のセリナはティードレスという、ティーセレモニー用のドレスに着替えます。日本で言う「お色直し」みたいな物ですかね?家族に別れを告げると、セリナの家に逆戻りします。行ったり来たりと、移動が大変な結婚式です。






    Serinaの家に到着。乗った車は新婦の小学校からの幼なじみの軽自動車。車の関税が高いシンガポールは、こんな車でも300万円くらいします。結婚式用のデコレーションは、前日にエリックのお母さんが数時間かけて仕上げてくれました。

    マンションにたどり着くと、ティーセレモニーをこちらの家族でも行い、それからランチタイムです。結婚式の一日はまだまだ続きます。


    その4へ進む→
    コメント
    コメントする

    スマホ版