富士山と桜の写真を撮りたくて - 河口湖でのロケーションフォト

2018.05.17 Thursday

0

    blog 1.jpg

     

    世界中から観光客が集まってくる桜シーズンの日本。

    bozphoto & styles でも海外からの撮影依頼を多数いただきます。

    4月中旬に撮影をさせて頂いたのはマレーシアからの新郎新婦さん。

     

    お支度の二時間、年齢が私達と同じくらいで、国が違うのに共通の話題が多くて盛り上がりました。

    鯉のぼりと5月の節句について説明をしていたら、

    なんとドラえもんを見ていたから知っているとのこと(笑)

    ドラえもんは日本文化もきちんと伝えてくれているんだなと、なんだか感動しました。

     

    結婚式の写真 文字を操るエキスパート - 椿山荘での結婚式

    2018.05.12 Saturday

    0

      blog 1.jpg

       

      こんにちは。
      茶摘みのうたの一節、「夏も近づく八十八夜」もすぎましたね。

      ふと口にする歌の一節をよくよく考えてみると、こんな意味があったのか!
      と発見することが多いです。

      茶摘みの歌も立春から数えて八十八夜を過ぎると気候も安定して、
      夏に向けて種まきなども始める、縁起の良い日のことを言うそうです。

      普段、さら〜っと流している歌も聴き込んでみると深い意味があることに気づきますね。
      童謡なんかも久しぶりに歌ってみると、ああ、そういう意味だったのかと。

       

      12年間ありがとう - 卒業式としての家族写真撮影

      2018.05.09 Wednesday

      0

        blog 1.jpg

         

        bozphoto & styles がウェディングフォトを始めたのが12年前。

        ちょうどその頃、船橋市のとあるご家庭に、可愛らしい女の子が誕生しました。

         

        娘さんが3歳になった時、まだまだ日本語もたどたどしいアメリカ帰りで、坊主頭のカメラマンに七五三撮影の依頼をされました。

        その後、2歳離れた妹さんの七五三をはじめ、ママの妹さん夫婦の七五三でも撮影をさせて頂いたご家族。

         

        初めてお会いしてから10年となりましたが、お姉ちゃんが小学校をめでたく卒業することに。

        ただ1つの心残りは、長い間夢だった袴を着ることが、小学校では禁止されていたこと。

        その事をお祖母ちゃんに相談したら、

         

        「じゃあ、何度も七五三を撮ってもらった boz さんに依頼しようよ」

         

        と卒業祝いのプレゼントをくれることに。

         

         

         

        母校でのエンゲージメントフォト撮影

        2018.05.06 Sunday

        0

          001.jpg

           

          二人が初めて出会ったのは、高校一年生で訪れた課外教室の時。

          たまたま一緒の授業を選択していて、遅れて入ってきた彼を見て一目惚れ。

          学校でみかけるたびにドキドキしていて、一年経ってやっと告白できました。

           

          そんなエピソードを聞くだけで、妄想大好きな私としては会う前から心はキュンキュン状態。

          お付き合いを初めて10周年。結婚を決めるとともに、母校での記念写真を撮るってご依頼をいただきました。

           

          懐かしの教室に入り、まずは黒板にお互いを表現する単語を書き出してもらいました。

           

          お互いに一番目に書いたのは「優しい」

          そして彼女が二番最初に書いたのが「顔がタイプ」

          さすが、一目惚れしただけはありますね♪

           

          この日の撮影が、二人の10年間の歴史を思い出してもらって、これからの10年どう過ごしていくか、

          考えるキッカケになってくれればいいな、そんな思いで撮影していました。

           

           

          とうふ屋うかい での結婚式

          2018.04.29 Sunday

          0

            blog 1.jpg

             

            bozphoto & styles の Tsutomu と makky が結婚式をしたのが5年前。

            その時に会場として選んだのが、赤坂氷川神社と、こことうふ屋うかいさんでした。

             

            ちょうど一年前、我々と同じ会場で結婚式を予定されている新郎新婦さんから撮影のご依頼をいただきました。

            我々の思い出も沢山つまったこの二会場。

            打ち合わせの時からこの美味しい料理のお話だったり、氷川神社のパワースポット的なお話で盛り上がりました。

             

            長いようで短かった一年。4月始め、ついにこちらのお二人の結婚式当日となりました。

            神社には綺麗なしだれ桜がいくつかあって、ちょうど満開になっているのを狙って選んだこの日。

            残念ながら今年は桜の開花がかなーり早く開花しちゃいましたが、

            新緑が広がっていて、違う形で春を感じさせてくれる雰囲気での撮影スタートとなりました。

             

             

            赤塚公園での一歳のお祝い

            2018.04.29 Sunday

            0

              BA-001.jpg

               

              こんにちは。 

              窓から見える木々の緑がもりもり大きくなってきています。 

              足元には色とりどりのお花が咲いている季節です。 




              先日、車の車検の時期を確認しようとしたところ、 

              今が西暦何年で、平成何年なのかが分からなくて少し悲しくなりました。 

              結婚した年を聞かれても分からなくて、すぐさま結婚指輪の刻印を確認する日々です。 

              月日が経つのは早いです。 




              お二人に初めてお会いしたのは2014年の7月に小金井公園で前撮りを、 

              その年の10月に結婚式にご一緒しました。 

              二次会でのキレッキレのダンスが印象的でした♡ 




              あれから4年、お久しぶりに会った二人は可愛いパパとママになっていました♬ 

              4月の夏日を記録した日に一歳のお祝いのお写真を撮りました。 

              ふんわりした女の子、笑い声も鳴き声もふんわり優しく感じます。 

              キラキラひかるシャボン玉が好きで、 

              パパを優しくタッチするお茶目な女の子、 

              ママの抱っこが好きで、 

              お花が好きで、ギンガムチェックワンピースがよく似合うかわいい女の子。

              ママ手作りの一歳の王冠も嫌がらずにニコニコ撮影をさせてくれました。
               

               

              wedding においての写真とアルバムの重要性

              2018.04.23 Monday

              0

                 

                bozphoto & styles のmakky☆ です。

                今回こちらのブログで初めて記事を書かせていただきます。

                 

                私の相方はWedding Photographerです。
                って、もう知ってる人も多いかと(笑)

                Bozphoto&styles代表 藤田努 が夫です
                HP Bozphoto&styles.
                Blog Boztsutomu Photo 写真ブログ


                私が仕事で一緒になった相方の写真を知った時、
                全然知らない新郎新婦のスライドショーを見ながら涙を流している自分がいました。
                まるで、自分がその結婚式にいるような臨場感。
                写真から伝わる想いに、涙が止まりませんでした。

                その時に決めたことは
                「自分が結婚式をするなら、絶対藤田さんに撮ってもらう!」でした。
                でもなぜかそのまさかの本人と結婚することになり・・・(笑)

                正直、相方に出会うまでは
                婚礼写真に対しては記録程度にしか感じていませんでした。
                それが、こんなに涙が出るほど感動させられるものなんだと、
                披露宴の感動をそのまま感じられる写真ってあるんだ!と気付かされたんです。

                 

                 

                フローリストの farverさん - 私の結婚式から

                2018.04.23 Monday

                0

                  AZ001.JPG

                   

                  bozphoto & styles の acco です。

                  10年以上に渡りウェディングフォト撮影を手がけていますが、

                  2015年、晴れて私自身の結婚式も挙げることができました。

                   

                  私の結婚式は bozphoto & styles の makky さんを中心に、いつもお仕事をご一緒させていただいている方達にご協力頂いて、実現することができました。

                  フローリストさん、司会者さん、頻繁に訪れる浅草の会場さんなどです。

                   

                  その中から今日は結婚式のお花についてお話したいと思います。

                   

                  続きを読む >>