ライバルはお姉ちゃん ー 琴平神社での七五三撮影

2018.10.15 Monday

0

    001.jpg

     

    初めてこちらのご家族とお会いしたのは、ママのお姉ちゃんの結婚式。

    私達夫婦で夢中になって見ていた八重の桜の舞台である会津若松出身の花嫁さんだったので、

    ご家族の話している言葉を聞いて、大河ドラマそのままだ―、って盛り上がっていたのを覚えています。

     

    そんなご家族と再会。

    3人姉妹での七五三を迎えていらっしゃいました。

     

    お支度は川崎のご自宅からスタート。

    ちょうどお姉ちゃんと妹ちゃん、二人ともめでたく七五三だったのですが、

    どちらからお支度するべきか、ちょっとだけ迷いました。

    仲の良い二人ですが、ライバル関係でもある二人?!

    お姉ちゃんが最初にお支度となると、妹ちゃんは「えー、わたしは?」とちょっと羨ましくて何度も様子を見にきていました。

     

    この日はお互いが主役の二人。

    お姉ちゃんだけ、ってのは許されません(笑)

    ちょっとヤキモチ焼いている様子も、なんだか可愛らしく感じました。

     

     

    野川公園で2歳の記念ファミリーフォト撮影

    2018.10.15 Monday

    0

      001.JPG

       

      僕の宇宙船へようこそ! 狭いから大人はお外でお待ち下さいね。

      お兄ちゃんのそんなセリフが聞こえてきそうな一枚♪

       

      先日、調布にある野川公園にて家族写真撮影をさせていただきました。

      お会いしたのは、2年前にニューボーンフォトを撮影したご家族。

      あの時のスヤスヤ寝てくれていた赤ちゃんも、芝生の上を疲れを感じさせずにずっと走り回って、

      どんぐり探しが大好きなに成長していました。

       

      最初は少し人見知りの彼。

      大好きなお祖母ちゃんと再会した時も、はじめの30分くらいはなぜか無口になっちゃうみたい。

      カメラを向けるとママの後ろに隠れんぼしちゃってましたが、

      どんぐり探しを手伝ったり、一緒に遊具に乗るのを手伝ったり、遊び方を提案してあげていると、

      段々と「お、こいついいヤツやん」って思ってくれたのか、むっちゃエンジンがかかってきました。

       

      「またお兄さんと遊ぶ?あした遊ぶ?」と最後は言ってくれて、嬉しい数時間でした。

       

       

      秋の七五三シーズンが始まりました

      2018.10.04 Thursday

      0

        001.JPG

         

         

        10月になったのに、まだまだ台風が心配なこの頃。

        台風って夏の終わりと共に終了〜〜! ってわけじゃなかってでしたっけ?

         

        10月、11月は七五三シーズンです。

        bozphoto & styles でも3日、この秋最初の七五三を撮影させていただきました。

        心配していたお天気も持ち直して、晴れってわけではないけど、ちょうどいい涼しさ。

         

        お支度としてお祖母ちゃんのご自宅に訪れた時、主役の妹ちゃんはちょうど朝食の時間。

        ちょっと人見知りしていましたが、ママが準備している間にお絵描きのお手伝いしたり、

        色々とお話をきいていたら、だんだん打ち解けてくれて、

        着付けが出来上がった頃にはやんちゃっ子の本領を発揮してくれました。

         

        今回お姉ちゃんは引き立て役。

        羨ましいなあって少し横目で見ていましたが、来年は私の為に来てねと、

        しっかり約束しておきました♪

         

         

         

        思い出のサンノゼで数日間を過ごして

        2018.10.02 Tuesday

        0

          001.jpg

           

          San Joseってご存知ですか? 日本では「サンノゼ」って呼ぶことが多いですが、

          スペイン語では本来「サンホゼ」って発音します。

          でも、アメリカに住んでいたころ、現地の人達(白人やアジア人)も「サンホゼ」って発音する人が多かったです。

           

          ニューヨークと同じく人種のるつぼなこのエリアですから、本来の発音を尊重してくれている環境があるのかもしれません。

          私の名前の Tsutomu は、最初の Tsu がとても発音しにくいらしくて、「ストム」とか「ストミ」とか

          もう全然違う名前になることがアメリカ時代の初期、かなりありました。

           

          なので、アメリカ人に対しては Tom  って名前で自己紹介してました。

          前澤友作さんが月旅行のプレゼンの時、英語で You can call me MZ って話していたのと一緒ですね(笑)

           

          でも、San Jose は違いました。

          Tom って紹介すると、多くの人が「じゃ、本当の名前はなに?それで呼ぶよ」って言ってくれたんです。

          そして、「ツトム」って、2−3回のトライですぐに発音出来る人が多かった!

           

          アリゾナやネブラスカ、カンザスやワシントン州にいた時はそんな事、絶対にありませんでした。

          Tom で紹介したら、「あ、それが楽で良いね」で終わりw

           

          中国系のクラスメートも、最初は「ジェイソン」だったのが、いつの間にか誰からも「ジェソーン」って、

          中国語発音で発音で呼ばれるようになってました。

           

           

          ニューヨークでファミリーフォト撮影を

          2018.09.30 Sunday

          0

            001.jpg

             

            今回のニューヨーク滞在、もちろんお仕事の撮影もありました。

            ニューヨークにはたーくさんの日本人がお住まいなのですね。

            20年以上現地で不動産のお仕事をバリバリされている方や、ブロードウェイで舞台女優をされている方、

            国連で務めている方や、現地の新聞記者の方などなど。

             

            そんな方へ向けて、ファミリーフォト撮影をさせていただきました。

            募集はニューヨークでドゥーラのお仕事をしている女性にお任せしたのですが、彼女がとても優秀でびっくり。

            なんと一日で8件ものお問い合わせを頂き、その後も数件入ってきたのですが、

            こなしきれないということで泣く泣く打ち切りに...

             

            撮影は週末だけとなったので、土曜日は5件、日曜日も3件という、むっちゃハードスケジュールとなりました。

            一日目の撮影が終わった後、セントラルパークからの帰り道はもうフラフラ。

            観光客用の自転車タクシーで帰りたーい、って思いましたよ(笑)

            滞在先に到着したら、晩ごはんそっちのけで、すぐに一人で爆睡でした。

             

             

            ニューヨークのストリートフォト

            2018.09.27 Thursday

            0

              001.JPG

               

              前回アップしたニューヨークでの写真に日記が、ウェディングフォトの投稿よりもやたらとアクセス数が多くて、

              ちょっと笑ったというか、驚いている bozphoto & styles です。

              沢山の人達に読んでもらいたい場合、私達のプライベート的な事沢山発表したほうが良いのかなー、

              なんて考えちゃったこの頃(笑)

               

              さて、仕事も趣味も写真というワタクシ。

              暇さえあればカメラをぶら下げて、街中でストリートフォトを撮るのが好きです。

              特に初めての場所に訪れた時とか。

               

              以前投稿したストリートフォトについては、こちらのカテゴリーにて紹介しております。

               

              ニューヨークといえば、フォトグラファーの憧れの街ですよね。

              写真を始めたばかりの頃とか、Richard Avedon の写真集ばっかり本屋でチェックしていた思い出があります。

               

               

              bozphoto & styles フォトツアー in New York

              2018.09.23 Sunday

              0

                001.JPG

                 

                遠方へ行く時はソロソロ自撮り棒を用意するか、

                三脚持参で旅をするべきだと思うこの頃の bozphoto & stylesです。

                 

                海外などへ行く際、その時の様子を写真でご紹介していますが、

                Tsutomu がカメラマンなので、makky の写真ばかりで、

                私と二人での写真が全然ありません。

                これじゃ、本屋で転がっているアイドルの撮り下ろし写真集のようですね(笑)

                 

                さてさて、実は9月11日から10日間ほど、アメリカはニューヨークとサンノゼへ、

                フォトツアーと研修のため、出張していました。

                ニューヨークではファミリーフォトとエンゲージメントフォト撮影を行ったのですが、

                数日の告知で何と8件ものご予約を頂き、

                一日で5件もの撮影をさせていただきました。

                 

                とてもご好評だったので、来年の夏頃、また開催しようと考えています。

                その時の様子は、次回か、ちょっと先のブログエントリーでご紹介いたしますので、少々お待ち下さいね。

                 

                今回はちょっと、撮影の合間に撮った、プライベート・シーンなどからの写真をご紹介していきます。

                 

                 

                 

                 

                スターバックスで出会った二人 - カラヤン広場でのエンゲージメントフォト撮影

                2018.09.11 Tuesday

                0

                  001.jpg

                   

                  今回も大都会東京で、緑に癒やされた日のエピソードから。

                   

                  赤坂にあるカラヤン広場。ここの大階段を登っていくと、ちょっとした古代遺跡でもお散歩しているような気分になります。

                  迷路のような石造りの宮殿で、上のほうに上がるほどなぜか緑が溢れてきて、空中庭園に向かうようですね。

                   

                  二人の出会いはここ、アークヒルズ。

                  学生時代のスタバ・バイトをしていた時の仲間でした。

                  最初に声を書けたのは彼女から。

                  女性が多い職場に、ちょっとしたイケメンが入ってきたのに気になったみたい(笑)

                  休憩時間は空中庭園の迷路を一緒に探索して、大好きな映画の事について語り合っていたそうです。

                   

                   

                  続きを読む >>

                  スマホ版